英会話

あなたは英語話せる人?ハードル上げすぎかも?

こんにちは!Satokoです。

旅行先でなんのトラブルもなく現地の人とペラペラ話していたり、日本にいる外国人の人を英語で助けてあげたり、そんな人みると憧れますよね!

最近では私は、ノーベル賞をとった90代の教授先生が英語でプレゼンしているところを見て、素晴らしいなと感激していました♡


英語が話したい♡

英語が話せる話せないの基準は人それぞれですよね。あなたはどれぐらい話せたら「自分は英語が話せる」と堂々と人に言えますか?

今日は英会話のハードルについてお話ししようと思います♡意外と自分でハードルを上げすぎてしまって「できない自分」に陥っているかも。

「英語が話せる人」の定義は人それぞれ違う

あなたはどの程度英語が話せるようになったら満足ですか?
日常会話?カフェやレストランでオーダーができる?さらにはウェイターの言っていることが理解できる?もしくは政治やビジネスについてプレゼンしたりディスカッションができる?


さらっとオーダーできたらカッコイイ♡

いろんなレベルがありますが、自分はどのレベルになりたいでしょうか?多くの方は日常会話、またはもうちょっとハードルの低いレストランでのオーダーやホテルでのやりとりができればいいと思っている人が多いと思います。

英語は完璧でなくていい

レストランやカフェでオーダーするのに完璧な英語は求められるでしょうか?答えはNOです!全くそんなことありません。通じて欲しいものが手に入ればいいのです。ですが私たち日本人は、

完璧に話さなくてはならない
こんなの話せるうちに入らない
もっと流暢でなければ
発音をよくしなければ

などといろんなことを考えてしまったり自分に課してしまって、結果キャパオーバーになり「話さない」という選択肢を取ってしまいがちです。そしてそんな自分を「英語が話せない人」と認識するのです。


私は英語が話せない人…。

英会話は会話

英会話は会話ですので、間違っていいんです。日本語でも間違えることたくさんありますよね。私も日本語で間違えたり、言葉が出てこなかったり人の話を聞きながらよく分からないけど「はい」というとき、あります笑。
このように母国語でもこんなことは起こるのです。

外国の人が日本語を話すときはどうでしょうか?彼らは正しい文法で表現で話していますか?私たちが話すような完璧な日本語の発音をしていますか?そんなことは決してありません。

そんな彼らに対して私たちの評価はどうでしょう?

「あの人、日本語上手だよね」

ではないでしょうか?完璧に話していないけど、一生懸命伝えようとしてくる姿勢や間違っているけど理解できるというところから、私たちはそのように評価をします。


GOODなことを見よう♡

「英語を話せる人」になるには

「英語を話せる人」になるには、会話スキルに加えてやはりマインド(思考、考え方、在り方)が大事です。「私は話せない」と思っていたら自分は英語が話せない人なんだと脳が認識し、そのようにセルフイメージを作り上げて、本当に英語が話せない人になるのです。

※潜在意識、セルフイメージについてはこちらの記事を参照してください※

ここでは、スキル以外の大切なマインドセットと英会話が上達するコツについてお話しします。


上達のコツは机上の勉強だけじゃない!

自分に対するハードルを下げよう!

人には適正な評価ができるのに自分にはついつい厳しくなりがちなのが勤勉な日本人です。あなたが海外に行ったらもしかして、上記のような外国の方みたいな状態かもしれません。それでいいんです。あなたはそれで十分英語が話せているしコミュニケーションが取れているのです。

自分に対するハードルを下げ、適正に評価しましょう!

目標に達するために目的意識を持とう!

カフェやレストランでオーダーができるようになりたい人と、日常会話をスムーズにしたい人と、政治経済についてディスカッションやプレゼンをしたい人とでは学び方が違います。

あなたの目標はどこでしょうか?まずそれを明確にし、次に学ぶときに目的意識を持って学びましょう。

例えば、カフェやレストランでオーダーができるようになりたい人が難しい単語を覚える必要はないです。英検5級(小学生レベル)の英語力があれば十分です。

日常会話をしたい人が自分の意見を言う練習だけしていても会話はできません。相手の話を聞く、相槌を打つなどスムーズなコミュニケーションには欠かせないスキルです。

ディスカッションがしたい人も自分の意見だけ言えるようでは物足りないです。相手の主張を聞き、論争していく必要があります。


会話の目的に応じて学び方を見直そう♡

場数を増やそう

英会話の場数、つまりアウトプットが多ければ多いほど上達します。声に出すことで脳にどんどんインプットしていきます。一説によると、その日に学んだことを48時間以内にアウトプットすると自分のものになるそうです!


理想は対面で外国の人と話すこと

オススメはオンライン英会話サービスで練習すること♡
※オンライン英会話サービスについてはこちらの記事を参考にしてください※
英語が話せる人と話せない人の最大の違いとは?


オンラインはとっても便利♡

また、発音を良くしたいという人は多いと思います。私の経験から言うと、発音はネイティブの発音を聞けば聞くほど自分に入ってくるので、発声練習に加えてこれを行うと上達するスピードが上がります。

発音は国によって訛りがありますが、どの国の発音でもいいと思います。自分が話せたらかっこいい!と思うものを真似てみてください。ちなみに私はオーストラリア訛りです。でも毎日アメリカ人Youtuberの動画を見ているので、耳から入ってくる発音がアメリカ英語なので若干アメリカっぽく話す時もあります。

そもそも、発音は悪くても全く問題ありません。ネイティブの人はちゃんと聞き取ってくれるので大丈夫です♡

まとめ

「英語を話せる人」のハードルを下げ、適正に自分を評価しましょう!そうしたら自分に対するイメージが変わります。そして目標をしっかりと設定して目的意識を持って学んでいきましょう。発音はどの国の発音でもいいし、そもそも発音が悪くても大丈夫です。

英語を学ぶモチベーションが下がっている人の一助になれば幸いです♡